古物商許可の申請から許可まで安心サポート|手続の仕方や書類の作り方が分からなくても大丈夫!

【お問い合わせはこちら】TEL:078-935-1930 / FAX:020-4662-3435 / 月~金10:00~19:00 土10:00~17:00(日・祝日 定休日)


古物商許可取得サポートとは?

中古品売買に必須の古物商許可(免許)取得を予定されている方を対象に
全国対応で申請書類の作成・必要書類の取り寄せ代行・申請サービスを提供しております。

申請の仕方、書類の作り方でお困りですか?完成した書類に署名・押印でOK。安く・早く・簡単に古物商許可申請をサポート

こんな方におすすめします。どのような内容の書面を作成したら良いかわからない。マニュアルや解説書を読むのが苦手だ。手続の手間とコストを節減したい。お役所での手続きが苦手だ。

  • 1.申し込み後、最短10分で業務着手
  • 2.業界屈指の低価格と返金保証
  • 3.ネットやFAXでかんたんお申し込み

 

古物商許可を受けるためには、申請に必要な書類の収集・作成が必要です。
申請から古物商許可が取得できるまで、約1ヶ月程かかりますので
営業をいち早く開始するためには、できるだけ申請までスムーズに進めることが大切です。

しかし、初めて手続される方は、警察署へ事前相談に行ったり
煩雑な書類の収集・作成などに時間を割かなければなりません。
いざ申請段階でも書類の不備などが原因で、さらに申請までに時間がかかってしまうこともあります。

当サービスは、本来はお客さまがしなければならない
事前相談(申請窓口との交渉)や、申請に必要な書類収集・作成など
ややこしい手続きを専門の行政書士が代行し、古物商許可をスムーズに取得するお手伝いをします。

地域や事案によって異なる煩雑な申請手続きにも幅広く対応しており
ご自身で申請するよりも何倍もスムーズな古物商申請ができます。

古物商許可申請に関して不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。

許可証

古物商許可って必要なの?

古物(中古品・新古品)の売買、委託販売、交換する商売を行うには古物商許可証を取得しておく必要があります。
店舗を設けずネットオークション等を利用し、副業で古物を売買するにも、原則として古物商許可が必要です。

 

古物商許可が必要か簡易チェック

古物商許可が必要な業種

中古車販売業・リサイクルショップ・古本屋・金券ショップ・遺品整理業等

 古物商が取り扱う商品例

※金プラチナ貴金属の買取など、古物商許可(免許)が必要な業種はさまざまです。

古物商許可で取り扱える商品を確認する
無許可営業や名義貸しについては法律で罰則の規定があります。
古物営業法に違反すると「3年以下の懲役または100万円以下の罰金」で許可取消し・欠格事由となり、その後5年は古物商にはなれませんので実質的に廃業となります。
無許可営業等のリスクを背負い営業をされている方は早めの古物商許可取得をお勧めします。
最近では法令遵守が当たり前ですし、古物商許可を取得しておくことは業者としての信用を得るためにも必要不可欠です。
古物商に関するニュースはこちら

申請窓口(監督官庁)

申請から許可のながれ

古物商許可は、営業所(営業所の無い場合は住所)を管轄している公安委員会から許可を受けることになります。複数の都道府県に営業所がある場合は、都道府県ごとに古物商許可が必要となります。

申請書を提出する窓口は営業所等を管轄する警察署となり、申請の際に19,000円の法定手数料を納付していただきます。

行政書士 あかしや法務事務所
TEL 078-935-1930 / FAX 078-330-8981(月~金 10:00~19:00土日・祝日定休日)
お申し込みはこちら